マガジンのカバー画像

2022年9月号『ニューリーダー』

41
安倍ロスに旧統一教会問題、岸田改造内閣の出足もパッとしません。コロナ感染者世界一にもなったのに、なぜか危機感は高まっていないように思えます。メディアと市井の感覚のずればかりが気に… もっと読む
¥1,000
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

2022年9月号【目次】

~世界総覧~世界はどう動いているのか 📖全記事をお得に読みたい方はこちら📘紙媒体でお求め…

ああ黄金の3年間がもったいない バランス第1でも蛇行運転し始めた岸田政権

出るわ出るわの統一教会との関係図 関係持たない議員だけでは組閣できない? 参院選を大勝で…

200

めざとい人たちの視線は宇宙を向いている!?衛星電話VS地上基地局電話

遊覧船になかった衛星電話 日本では非常時専用だが 4月の知床遊覧船の事故では安全対策の不備…

200

米中経済は後退期入り 高まる世界同時不況の可能性

米国に強まる後退懸念 世界の昨年の名目GDP規模の国別シェアは、1位米国24.9%、2位中国17.5%…

200

【政治】比例代表で最低の得票だった公明党 始まった自民党との“暗闘”

選挙区が増える県と減る県で… 7月の参院選で候補を擁立した7選挙区で全勝を果たしながら、党…

200

【官界】未だ止まない安倍暗殺ショック 警察幹部の「辞任ドミノ」も

警備体制に問題があったことは明らか 政界最大の実力者だった安倍晋三元首相が選挙応援中に暗…

200

【企業】3度目の身売りで見えた ハウステンボスの「底力」

流れ流れて辿り着いたHISも またしても売られることに…。旅行代理店大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が大型リゾート施設のハウステンボス(長崎県佐世保市)を香港の投資会社PAGに売却する見通しだ。「身売り」は今回が3度目となる。

スキ
1
有料
200

【業界】気分はもう戦争、安全保障に関わる戦略的先端産業 企業はため息、肝心の「人…

給料をいくら上げても集まらない ロシアのウクライナ侵攻や台湾に対する中国の軍事的威圧など…

200

【財界】“老害”批判を吹き飛ばせ 令和臨調が発進 実は同友会系

経済同友会の情報発信のための別動隊 学者や財界人などの有志による「令和国民会議(令和臨調…

200

より高く飛べるように結んだ従業員との約束 メイド・イン・ジャパンを追求する資生堂

「TSUBAKI」や「ウーノ」も非コア事業 剥がれた「厚化粧」、鏡に映る素の姿 現役の映画監督と…

200

遺伝子解析技術による検査サービスを提供 研究結果を社会還元する─ジーンクエスト─

人はなぜ病気になるのか? 病気のリスクを遺伝子が教えてくれる 遺伝は親の特徴が子に受け継…

200

買取再販戸数で9年連続ダントツの国内1位「価値を足せば甦る」で自らも蘇ったカチタ…

元は石材業、一度は上場廃止、そして復活 日本では空き家が増え続けている。空き家は846万戸…

200

耳に染みついた心地いい語感“100均” 合理的な安さに目覚めたが新語はまだない

欧州生まれが進める和風化 100均の代名詞「ダイソー」が変わって行く 安く何でも手に入る。フ…

200

市場で焦点の日銀総裁後任人事 来年も金融政策正常化は困難か

金融政策の効果と限界を示した黒田政策 成長戦略の重要性を肝に銘じていたか 昨今の金融市場の関心事の1つが日本銀行総裁の後任人事である。「異次元金融緩和」を続けてきた黒田東彦総裁は2023年4月8日に2期目の任期満了を迎える。日銀総裁は国会の同意を得て内閣が任命する。  有力候補は日銀生え抜きの2人。1人は、現副総裁で黒田総裁の右腕として長く政策立案に携わってきた雨宮正桂氏。もう1人は、黒田総裁の1期目に副総裁として政策立案を補佐した中曽宏氏(現・大和総研理事長)である。市場

有料
200