マガジンのカバー画像

2022年2月号『ニューリーダー』

42
ガーガー、うるさいとも思えた立憲民主党の問題追及姿勢でしたが、泉健太新代表が政策立案型を打ち出した途端、存在感が埋没。内部体制連合との関係、選挙態勢など課題山積です。野党の動きを… もっと読む
¥1,000
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

2022年2月号【目次】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

徨える野党第一党“立憲民主党”浮上せず 立憲との合流嫌う国民民主、維新のアキレス…

政党支持率で日本維新の会の後塵 批判一辺倒払拭が裏目の立憲民主党 昨秋の衆院選でまさかの…

200

追随を許さない圧倒的な技術力とブランド力 またまだ秘密主義「稀代の上場会社」ファ…

今年、最初の「私の履歴書」に登場の驚き 売上規模は3分の1でも出藍の誉れの訳 「日本経済新…

200

2022年の日本経済は厳しさが続く 変異株感染状況と物価上昇の行方が注目点

変異型で回復腰折れ 2022年も新型コロナウイルスとの戦いで始まった。昨年の世界経済再生の動…

200

【政治】「政治とカネ」にかかわる不祥事が直撃 “与党ボケ”公明党を襲う遠山ショッ…

1989年のリクルート事件以来の起訴 昨年秋の衆院選で議席を伸ばした公明党に、「政治とカネ」…

200

【官界】「官邸支配」から解き放たれた官僚たち 政権と霞が関の蜜月が試されるのはこ…

人事権をバックに振り回された安倍・菅時代 岸田文雄政権が発足して100日が経過した。過去2代…

200

【企業】テスラやトヨタにどう立ち向かう ソニーの「EV戦略」はいかに

車も「すりあわせ型」から「モジュール型」へ これは「無謀な挑戦」なのか?ソニーグループが電気自動車(EV)市場に参入する。今春に新会社「ソニーモビリティ」を設立し、EV販売に向けて動きだす。が、EVは米テスラなどのベンチャーやトヨタ自動車をはじめとする世界の巨大自動車メーカーが鎬を削る激戦区。ソニーに勝機はあるのだろうか。

有料
200

【業界】コロナ禍に苦しむ中小企業支援が 融資から本業支援へ転換する信金業界

かつての「ケチケチ作戦」では生き残れない オミクロン株が新年早々から感染爆発。「コロナと…

200

【財界】新しい資本主義「最初の試金石」官製春闘 半数以上が赤字企業、問われる経営…

厚み増す賃上げ実施企業への優遇税制 「新しい資本主義」の実現を目指す岸田文雄首相の政策の…

200

プライバシーは幻想? 初期のデジタルの夢とは 逆の方向に進んだ“監視資本主義”

情報の民主化を巻き起こし経済成長を促す その一方で不安・不信はますます増幅する インター…

200

藻類の研究開発で、 人々と地球の未来に貢献する─アルガルバイオ─

未活用の微細藻類の機能が まだまだ存在する バイオの世界で注目されるようになったのが「藻…

200

もう業務用だけではない 主婦層からも支持を受ける神戸物産

全国にFC店を展開、製販一貫体制を確立 神戸物産は、飲食店などの業務用ユーザー向けの食品を…

200

フィンテックの起業家たちよ 外資に“身売り”したペイディを目指せ!

企業価値10億ドル以上のフィンテック 米国が100社超と圧倒、日本はわずか3社 IT技術を駆使し…

200

食べるものなら何でも凍らせてしまえ!? 始まった冷凍食品販売の熱き冷戦

先手を打ったオーケーの売り方革命 横綱相撲を見せつけるイオン 便利には便利だが、しょせんは冷凍食品というのが昭和世代の感覚だった。しかし、最近のものは旨い。しかし、これも凍らせちゃったの、と驚く商品もある。コロナ禍もあって巣籠が続き、買い溜めから家庭用冷凍庫まで飛ぶように売れている。

有料
200

達成感なき日本産農産物輸出1兆円 半分は輸入原材料が源の加工食品

1兆円と1000億円のギャップ 「木を見て森を見ない」自民党農政 「農産物輸出1兆円遂に達成、2…

200