マガジンのカバー画像

2021年11月号『ニューリーダー』

42
自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選時に訴えていたこととはどんどん後退。がっ… もっと読む
¥1,000
運営しているクリエイター

2021年11月の記事一覧

固定された記事

2021年11月号『ニューリーダー』

追跡レポート 総裁選での約束をお忘れか?  アベノミクスと一体何が違う  どんどん後退!「新…

総裁選での約束をお忘れか? アベノミクスと一体何が違う どんどん後退!「新しい資本…

総裁選で主張したものが次々と消える 官僚の声は「看板の掛け替え」に過ぎない 自民党総裁選…

200

コロナ後遺症でインフレ懸念 物価上昇で消費回復は遅れる

株価調整の理由 先進国の株式市場が調整局面に入っている。ニューヨークダウ平均株価は、8月1…

200

キティちゃんは見つめている ファンやフリークたちに支えられた経営 若き後継者の「第…

ミッキーマウスやスヌーピーと肩を並べる 「11月1日イギリス生まれの子猫」の誕生秘話 些か旧…

200

【政治】人事では明暗くっきり、お馴染みの風景 聞こえる麻生の高笑いと、安倍の歯ぎ…

二人三脚で自民党を牛耳る? 自民党総裁選に勝利した岸田文雄首相が初めて臨んだ党役員・組閣…

200

【官界】与野党のバラマキ政策を強く批判 「財政再建論者」矢野財務次官に失うものは…

国会議員を馬鹿にしている?よく言った? 直言居士の面目躍如というべきか。財務省の矢野康治…

200

【企業】言い訳まで支離滅裂! IT業界を呆れさせるみずほのシステム障害

家庭のパソコン以下のセキュリティー 「ついに、ここまで落ちたか」と世間を呆れさせた、みずほ銀行のシステム障害。今年だけで8回も発生し、とりわけ8、9月の2カ月間だけで4回も業務がストップ。10月8日に同行が、その原因について「6年にわたって使用していたハードディスクの経年劣化だった」と発表したのだ。これにはIT業界が驚いた。

有料
200

【業界】「GoToトラベル」が再開しても 観光業界の不安が続く理由

17%を占める法人需要が戻るのか 「ようやく明るい光が見えてきた」と、観光業界が歓喜に沸い…

200

【財界】岸田新首相を全面歓迎の経団連の思惑 45歳定年制発言から、足並み乱れる財…

波風立てるより、持ち上げるのが無難 自民党総裁選に勝利した原発推進派の岸田文雄政権が発進…

200

半導体ウエハー表面を精密・迅速に計測 レーザー光による非接触ナノレベル計測器の雄…

必要なナノレベルの平滑性 計測器開発に挑戦した光学機器メーカー 現在、世界中で不足してい…

200

幼少期いつも傍にいてくれた カメカメハー!こんなに変身していたのか バンダイナムコ…

内外でトップクラスの存在感 バンダイナムコホールディングス(以下、バンナムHD)は、2つの…

200

「1億円の壁」を突破できたのに 岸田首相「金融所得増税」先送り

金持ちほど税負担が少ない! 目玉政策「金融所得課税の見直し」 岸田文雄内閣が10月4日に発足…

200

ガラガラ店舗でも儲けるコツは・・ 少子化に耐える西松屋はここが違う

ブレない売上推移、高収益率 ユニクロと比べても安定感抜群 乳幼児用品、小児用雑貨専門店の…

200

国内産地に事前通知なし 米国産スモモ輸入解禁の暴挙

本当にこんなことがあるのか! 寝耳に水、スモモ農家の悲鳴 農林水産省が、米国産スモモ(にほんすもも)の輸入解禁を山梨県など国内産地に事前の説明なくして決定、実施に踏み切った。当然、生産農家などからは、「産地への事前の説明がなかった」「寝耳に水だ。死活問題だ」など悲鳴が上がっている。これを受けて、山梨や長野、山形、和歌山の自治体やJA(農業協同組合)関係者が共同で、政府、与党に対して、十分な情報提供や産地強化策を要請した。

有料
200

📰僕が小さな地域新聞を立ち上げたわけ㉑ 起業した人間に付きまとう「偏見」 だが「1…

脱サラ、起業は気楽だって? ある新聞社の役員経験者の一言 「日本人にとってベンチャー企業…

200