第12 回 「僕のワンダフル・ライフ」

第12 回 「僕のワンダフル・ライフ」

初めて本誌編集長に泣かされた日
犬なんて触るのも怖いのに甘噛みだなんて

 私は傘寿を過ぎてなお雑文の類を書き続けている。これはひとえに2人の知人の尽力のお蔭である。1人は国際紙パルプ商事の田辺円会長、もう1人が本誌編集長である。執筆業は、43年に及ぶサラリーマン人生をリタイアした私の夢の1つだった。人間は表現する動物だとラスキンは言った。ならば文筆を生業としてみたい。ところが、執筆依頼は一向に来ない。田辺会長にそのことを伝えたら、即、広報誌に雑文の連載が決まった。なるべく紙に関係したテーマをと言われ、長いサラリーマン人生で頂戴した手紙を材料に発信者のプロフィールとエピソードを紹介するのはいかがと提案したら、その場で決まった。もう6年以上前のことになる。

 本誌編集長に初めて会ったのも、3年以上前になる。知人の紹介で日比谷の日本記者クラブで、昼間からビールを飲みながら品定めを受けた。何が書きたいの、と問われて「日本オーナーシェフ列伝」か「定年後の生き方」など適当に答えたら、じゃあ「定年後ね」と即決。その後、ほぼ1年毎にテーマを変えながら連載は続いている。余分な指示は受けたことはなかった。きっと牙を磨いていたに違いない。「甘噛みですよ」と言いながら2本の映画を紹介され原稿を書く羽目に陥った。

この続きをみるには

この続き: 1,879文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

第12 回 「僕のワンダフル・ライフ」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/