70年以上も戦い続ける ミャンマーの少数民族武装勢力

70年以上も戦い続ける ミャンマーの少数民族武装勢力

全土を直接統治したことがない連邦政府

 ミャンマー国民の約7割はビルマ族が占めるが、残る約3割は135もの少数民族で、計20ほどの武装勢力が活動している。NLD(国民民主連盟)政権が目指した民族和解が進まなかった理由について、アウンサンスーチー党首は「複雑な国だから」と弁解したものだ。1948年1月4日にミャンマー(旧ビルマ)が英国から独立した頃から、カレン民族同盟(KNU)やカチン民族解放軍(KIA)は、分離独立を目指して70年以上に及ぶ世界でも最長の戦いを続けている。ミャンマーにはKNUやKIAなどの武装勢力による実効支配地域が多く存在し、連邦政府と停戦した少数民族武装勢力による自治区もある。

この続きをみるには

この続き: 2,376文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

70年以上も戦い続ける ミャンマーの少数民族武装勢力

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/