元特捜検事の複眼(`21/5)

元特捜検事の複眼(`21/5)

正義を貫き身を正す剛毅さ
官僚が官僚として一目置かれる由縁なり
情と飲食で立案した政策には饐(す)えた臭いが付き纏い
腐敗するは必然です

 強大な権限に群がる事業者の跪(ひざまず)きで特権階級化。「三せる(飲ませる・食わせる・いばらせる)」は当たり前、併せて、利害関係者とは「バレない仲間」と履き違えた総務省官僚の体たらく。行政監察で中央官庁のお目付け役なのに、「人に厳しく己に甘く」を顧みない二流官庁の悲しさ。倫理法令は、一定の条件下で飲食を慫慂するツールに非ず、断る勇気と品性を保持する金棒の筈。文春砲から「タダより高いものなし」と教えられる前に、官僚登用試験で「Noblesse Oblige」と「四知」の意味を問うてみたら如何か?

この続きをみるには

この続き: 648文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

元特捜検事の複眼(`21/5)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/