第6回「たなぼた・名ばかりの首相」でなぜか高支持 選挙制度改革で失速、解散権喪失の海部俊樹

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

海部と石原慎太郎が交差した瞬間
総裁選出馬を封じられた2人の現職首相

 1月9日、海部俊樹元首相が91歳で長逝した。続いて2月1日、石原慎太郎元東京都知事が追いかけるように89年の生涯を終えた。自民党では、思想・信条、政策・路線、政治手法などは対極の印象が強かったが、過去に両者の政治選択が交差した瞬間があった。

 1989年7月、参院選で自民党が大敗した。リクルート事件、消費税導入、宇野宗佑首相の女性問題などが響いて、55年の結党以来、初めて参議院で過半数割れとなった。宇野政権は2カ月で終わる。8月に自民党総裁選が実施され、海部と石原が共に出馬した。

 選挙結果は、竹下登元首相、安倍晋太郎元外相、河本敏夫元通産相が率いる3派が推した海部が 279票で勝利を握る。もう1人の候補の林義郎(後に蔵相。林芳正現外相の父)が120票、石原は48票で3位だった。

 海部内閣時代、竹下をインタビューして海部擁立の狙いと計算について質問した。

 「実は自民党では、相当前からリーダーの世代問題が隠れた課題だった。『昭和ひとけた生まれの壁』をどうするか。僕ら大正生まれの世代の後、昭和ひとけた生まれは極端な人材難だ。次の昭和ふたけた生まれには有望株がたくさんいる。敗戦の影響で、昭和ひとけた世代には政治をやろうという人が少なかった。いても、保守ではなく、革新陣営に行く人が多かった。この『10年の壁』をどうやって乗り切るか、ずっと考えてきた」

この続きをみるには

この続き: 4,999文字

ロシアのウクライナ侵攻で世界経済は大混乱に陥りそうです。原油価格のさらなる上昇に加え、穀物の供給難など、物価上昇は避けられそうにありません…

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/