粗や懸念はあれど、自公連立は揺るがない?むしろ問われるのは野党の存在意義だろう
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

粗や懸念はあれど、自公連立は揺るがない?むしろ問われるのは野党の存在意義だろう

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

勝利に死活的に重要な主戦場は1人区
共闘体制構築のメドが見通せない野党

 2022年最大の政治決戦となる第26回参院選が2カ月余りに迫った。就任直後に迎えた昨年10月の衆院選をクリアした岸田文雄首相にとって、参院選は政権の中間評価と位置付けられる審判だ。新型コロナウイルス禍に加え、ロシアの軍事侵攻というウクライナ危機に直面する首相は、内閣支持率50%台後半を維持、安定した政権運営を見せる。この戦いを乗り切れば、今後3年間、国政選挙を心配することなく、自在の政策展開に集中できる「黄金の時間」を手にすることができる。

 これに対し、何とか一矢を報いたい野党勢は、国民民主党が22年度予算案に賛成する事実上の与党宣言に踏み込み、足並みは揃っていない。参院選の勝敗の帰趨を握る改選1人区の候補者調整も一向に進まず、国会でも「批判ばかり」との批判を恐れ、迫力不足が際立つ。このままでは、立憲民主党と日本維新の会による野党第1党争いが参院選の唯一の焦点となりかねない情勢だ。堅調・自民に本当に死角はないのか、低迷・立憲民主の反転攻勢は可能なのか、上げ潮・維新が立憲民主超えを果たすのか。2月末から3月終わりに開かれたこの3党の党大会を振り返りながら、それぞれ「現在地」を探ってみよう。

この続きをみるには

この続き: 5,199文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

いよいよ迫りつつある夏の参院選。しかし、野党の体たらくから自公政権は揺るぎそうもありません。そんな野党の今を追いました。エネルギー、食糧、…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/