中国からのワクチン供与も拒否 金正恩が直面する空前絶後の”瀬戸際”
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

中国からのワクチン供与も拒否 金正恩が直面する空前絶後の”瀬戸際”

中国製ワクチンなんていらない
北が中国の協力を拒むわけ

 さる6月、北朝鮮の金正恩総書記は、コロナウイルスに対する防疫措置の不備を理由に、側近の軍最高幹部2人を党政治局拡大会議で𠮟責し、降格処分としたことは既にレポートした。その後、金総書記からはそれまで強調してきた「わが共和国にコロナ感染者はいまだにない」との発言はなくなり、「コロナとの闘いは戦争であることを強く自覚せよ」「感染対策に主導的役割を担う者達に、一瞬の放心も許されない」等の激烈な指示は、コロナ禍に直面していることを示す。

 「段階的に再開すると見られた中朝交易も、再びストップした」と複数の中朝消息筋は言う。中国政府はそんな北の異変を察し、「コロナウイルス感染に対し、いかなる協力、援助も行う」と北側に伝えている。北が国際機関等からアストラゼネカ製やロシア製のスプートニクスワクチンの供与の申し入れを断ったのを踏まえ、夏には、中国製ワクチン「シノバック」の供与を公式に提案した。中朝外交筋によれば、「中国製ワクチンが完成直後に、習近平主席が外交ルートを通じ、金総書記に効能をアピールし、いつでも提供するとの意思を伝えていた」という。

この続きをみるには

この続き: 2,148文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

中国からのワクチン供与も拒否 金正恩が直面する空前絶後の”瀬戸際”

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/