ウクライナ問題では精力的に立ち回り 指導者としての資質を見せたマクロンに有権者は・・・
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

ウクライナ問題では精力的に立ち回り 指導者としての資質を見せたマクロンに有権者は・・・

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

エネルギー問題で迷走するドイツ
原発で独自路線を歩むフランス

 ロシアのウクライナ侵攻は、泥沼化の様相を呈し始めている。当初は、ウクライナは短期間で陥落するだろうとの見方が強かったが、蓋を開けてみると、欧米の支援を受けたウクライナの激しい抵抗や、ロシア軍の指揮系統の混乱や士気の低下などにより、戦況は膠着状態に陥っている。

 核の使用をちらつかせて欧米側を威嚇するロシアのプーチン大統領。旧ソ連時代のアフガニスタン侵攻の二の舞を演じる事態になれば直ちに自分の身が危うくなるだけに、「窮鼠猫を噛む」が如く、威嚇が現実のものになる危険性を孕む。既に生物・化学兵器などを使用しているとも伝えられている。

この続きをみるには

この続き: 2,265文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

いよいよ迫りつつある夏の参院選。しかし、野党の体たらくから自公政権は揺るぎそうもありません。そんな野党の今を追いました。エネルギー、食糧、…

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/