正義を競う「ESG」、ビッグ4も本格参入 「ZARA」リアル店舗をデジタルと結合 麻薬まみれのタリバーン、習近平「共同富裕」の行方

正義を競う「ESG」、ビッグ4も本格参入 「ZARA」リアル店舗をデジタルと結合 麻薬まみれのタリバーン、習近平「共同富裕」の行方

コーク1本、出張の排出ガス
評価基準はてんでばらばら

 ひどい夏だった。米国西部や豪州、カナダでは猛烈な山火事が発生し、火に包まれたリットンというカナダの町はたった15分で丸ごと地上から消え失せた。シベリアの泥炭地は1年中くすぶり続け、ドイツはかつてない豪雨に見舞われた。かと思えば、ブラジルや台湾は干上がり、ブラジルに電力危機、台湾には半導体工場の操業低下をもたらした。

 異常気象は紛れもない事実だ。ニューヨーク大学のクーニン教授のように「米国の熱波は1900年のほうが凄かった」「地球の気温は1910年から1940年まで上がり続け、その後40年間は下がり続けた」とし、温暖化ガス犯人説に異を唱える向きもあるにはあるが、多勢に無勢。温暖化ガス抑制は今や「至高の正義」であり、「ESG」(環境・社会性・ガバナンス)が世界的な大ブームになっている。

 かくてコカコーラはコーク1本が生産・消費の過程で排出する二酸化炭素量を算出し、テスラはモデル3の“生涯排出量”を開示(ただし会社全体としての排出量は未開示)。AT&Tは社員が出張で使う飛行機、鉄道、クルマの二酸化炭素量まで計算している。

 大企業はこぞってESGに向けた取り組みをアピールするのだが、問題はその評価が評価機関によってバラバラなことだ。現在、ESGの評価機関として名前が通っているのは、ロンドン証券取引所、MSCI(金融サービス企業、株価指数を算出)、モーニングスター(社債の格付け機関)の3つ。ウォールストリートジャーナル(WSJ)紙が1500社を調べたところ、3分2の942社が評価機関ごとに違う「格付け」を与えられていることが明らかになった(8月10日付)。

この続きをみるには

この続き: 4,820文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

正義を競う「ESG」、ビッグ4も本格参入 「ZARA」リアル店舗をデジタルと結合 麻薬まみれのタリバーン、習近平「共同富裕」の行方

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/