緊急事態解除後もリベンジ消費は期待薄 消費者心理を苛む不安要因、遠のく景気回復
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

緊急事態解除後もリベンジ消費は期待薄 消費者心理を苛む不安要因、遠のく景気回復

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

緊急事態宣言後も戻らぬ人流

 新型コロナウイルス感染に関する緊急事態宣言が、9月末に全都道府県で解除された。「スティ・ホーム」が政府から声高に叫ばれ、外出が制限された期間は延べ1年半以上にも達し、外出を伴う消費が抑制された。それだけに規制の解除によって、抑圧された消費エネルギーが噴き出すことが期待された。

 しかし、11月半ばまでの状況をみる限りでは、その動きは極めて緩慢なものに止まり、期待外れとの声が多い。それを象徴するのが人の流れだ。消費活動は人の流れと相関度が高い。人の流れは解除から1カ月を過ぎてもコロナ以前の水準には程遠い状態にある。東京都が作成した20年1月平均の午後3時時点の滞在人口を基準にして、東京主要ターミナル駅の11月第1週の午後3時時点平均値を比較したデータを見れば納得できる。

この続きをみるには

この続き: 2,171文字

急激な脱炭素社会化に加え、円安から、ガソリンを含め輸入物資が値上がり。消費者心理はさらに冷え込み、GDPも低成長が続きそうです。「経済指標…

ありがとうございます!!また見に来てください♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/