月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
コロナ禍にもかかわらず前年度の2倍 スポーツ合宿誘致に成功!和歌山県紀南地域
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナ禍にもかかわらず前年度の2倍 スポーツ合宿誘致に成功!和歌山県紀南地域

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

東京五輪でも「負の遺産」スポーツ関連施設
正攻法での解決に目をつけたスポーツ合宿

 「祭りのあと」は寂しいものだが、大規模なスポーツイベントとなると、おセンチではいられない。昨年の東京オリンピックでは、東京都が管理する「東京アクアティクスセンター」や「海の森水上競技場」「カヌー・スラロームセンター」「大井ホッケー競技場」「夢の島アーチェリー場」の5つの施設が赤字となる見通しだ。国が管理する「新国立競技場」も民間に運営権を売却する予定だったが、どこも手を挙げず、年間約24億円もの維持管理費が政府にのしかかっている。これは東京だけの話ではない。このようにスポーツ関連施設を持て余し、悲鳴を上げている自治体も多い。そんな中、スポーツ関連施設で町おこしに成功した地域が和歌山県にある。

この続きをみるには

この続き: 3,935文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

ウクライナ情勢から危機感が高まり、防衛費の拡大や憲法9条を始めとした改憲機運が高まっています。でも、国の形を含め慎重な議論が必要です。それ…

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/