海外巨人と比べれば小粒だが 利益率では遜色ないテルモ

海外巨人と比べれば小粒だが 利益率では遜色ないテルモ

体温計からスタートし100周年

 テルモは、体温計の国産化を目的として1921年に設立された。現社名は体温計のドイツ語「テルモメーテル」に由来する。今日では、医療機器の大手メーカーとして、幅広い領域の製品・サービスを提供しているが、医療機器を診断機器と治療機器に分けると、テルモは治療機器メーカーに位置づけられる。

 現在、事業は3つの部門に分けられる。第1は、心臓血管部門。カテーテルシステム、脳血管内治療関連、人工心肺システム、心臓血管外科手術関連等である。この部門がテルモ全体の売上げや利益の半分以上を占める。特に心臓領域のカテーテルに強みがあり、世界トップシェア製品もある。ただ、この分野は海外の大手企業との競争が激しい。

 第2は、ホスピタル部門。医療現場や家庭で用いられる医療機器や医薬品類として、輸液ポンプ、腹膜透析関連製品、糖尿病関連製品などを日本国内中心に提供している。また、製薬会社向けに開発製造を受託している。

 第3は血液・細胞テクノロジー部門で、輸血関連製品、細胞治療関連製品等を手掛ける。

この続きをみるには

この続き: 2,181文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

海外巨人と比べれば小粒だが 利益率では遜色ないテルモ

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/