【政治】比例代表で最低の得票だった公明党 始まった自民党との“暗闘”

選挙区が増える県と減る県で…

 7月の参院選で候補を擁立した7選挙区で全勝を果たしながら、党の地力を示す比例代表が618万票に止まり、2000年代に入ってからの衆参両院選を通じて最低の得票だった公明党。

この続きをみるには

この続き: 1,044文字

安倍ロスに旧統一教会問題、岸田改造内閣の出足もパッとしません。コロナ感染者世界一にもなったのに、なぜか危機感は高まっていないように思えます…

購入済みの方はログイン