田中角栄・ブレジネフ会談の真相 2島返還準備VS米ソ密約?

田中角栄・ブレジネフ会談の真相 2島返還準備VS米ソ密約?

🔻「2+α」という解決案は当時からあった

 ソ連のブレジネフ政権は、1973年の田中角栄首相の訪ソを前に、歯舞・色丹の2島返還を検討していたという。NHKが、モスクワの国立公文書館に保存されていた外交機密文書を見つけ、4月に報道した。

 ソ連政府は、ブレジネフ・田中角栄会談が予定されている中で、懸案になっていた領土問題(国境画定)について、どのような対応をするのか、3つの案が出ていたという。その内容は、以下の通りだ。

① 1956年の日ソ共同宣言に盛り込まれていた「平和条約締結後、歯舞・色丹の2島を日本に引き渡す」との合意を基礎に、2島返還で問題解決する。
② 日本側が、この「2島解決案」に応じない場合、残された国後・択捉2島への日本漁船の寄港や周辺海域の漁業権を与える。ただし、四島全島の引き渡しは拒否する。
③ 首脳会談では、領土問題には一切触れず、善隣協力条約締結を提案する―だった。

この続きをみるには

この続き: 2,285文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

田中角栄・ブレジネフ会談の真相 2島返還準備VS米ソ密約?

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/