東洋医学発祥の地はヨーロッパ?!

東洋医学発祥の地はヨーロッパ?!

 私は、日本を今より少しだけ元気にすることを目指して、世界の伝統医療情報を発信している。世界各地には古来より伝わる伝統的な医療がある。日本には東洋医学があるが、それは西暦5~6世紀頃に中国から朝鮮経由で中医学がもたらされ、日本古来の治療法と結びつき、独自の発展を遂げたものとされている。

 しかし、そんな通説を覆す衝撃な発見があった。1991年9月19日に、ヨーロッパのアルプスで、5300年前の男性のミイラ、通称アイスマン(愛称:エッツィ=Ötzi)が見つかった。そして、彼は大きな謎を投げかけたのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,036文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

東洋医学発祥の地はヨーロッパ?!

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/