凶暴化する中国の「戦狼外交」 身勝手な言動や狼藉に各国が反発
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

凶暴化する中国の「戦狼外交」 身勝手な言動や狼藉に各国が反発

🔸他国を罵倒し、時には軍事力行使で
  利益を掠め取る戦法は中国の得意技

 「太平洋は日本のゴミ箱ではないし、日本の下水道でもない」。日本政府が東京電力福島第一原発の処理水を海洋に放出する方針を決めたことに対して、中国外交部スポークスマン趙立堅は4月14日の記者会見で日本政府を激しく非難した。趙立堅は2020年3月、「中国に新型コロナウイルスを持ち込んだのは米軍だ」と米国に難癖をつけている。

 今年3月19日、楊潔篪(党中央外事弁公室主任)はアラスカで行われたブリンケン米国務長官との会談で、冒頭から20分近くにわたって、米国への非難と自国の主張を居丈高に展開し、米側に発言させなかった。

 他国を罵倒し、時には軍事力行使で利益を掠め取る戦法は中国の得意技である。2017年ごろからそれは「戦狼外交」と呼ばれるようになり、口頭による非難だけでなく、外国に対する行動そのものが好戦的・侵略的で、威嚇・嫌がらせなど凶暴になっている。

この続きをみるには

この続き: 2,105文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

凶暴化する中国の「戦狼外交」 身勝手な言動や狼藉に各国が反発

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/