感染抑制の優等生の「コロナ鎖国」 自由な往来が可能になる日はいつになるのか 政府
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

感染抑制の優等生の「コロナ鎖国」 自由な往来が可能になる日はいつになるのか 政府

感染抑制に成功したが故に
おいそれと国境を開けるわけにはいかない

 オーストラリアが国境を事実上閉鎖してから、早1年が過ぎた。少なくともさらに3ヵ月、6月17日までの延長が決まっている。新型コロナウイルス対策の緊急措置として「コロナ鎖国」が始まった時、それが15ヵ月間に及ぶなんて、いったい誰が想像しただろうか?移民大国だけに、聞こえてくるのは、「海外にいる家族が無事でありますように」という切なる願いだ。

 国際法上では、「公衆衛生上の緊急事態」における人権の制限は、一定の条件の下で許されている。とはいえ、民主主義国家が「移動の自由」を制限することは簡単ではない。コロナ禍で、自国民へ海外に渡航しないよう勧告したり、外国人の入国を厳しく制限したりした国は数あれど、「国民・永住者出国不可、永住者以外の外国人入国不可」の原則を維持し続けている国は、オーストラリア以外に見当たらない。

この続きをみるには

この続き: 2,299文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

感染抑制の優等生の「コロナ鎖国」 自由な往来が可能になる日はいつになるのか 政府

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/