月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
【「力には力」の陥穽】国民が今、求めているのはそれなのか一気に高まりそうな“改憲”機運
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

【「力には力」の陥穽】国民が今、求めているのはそれなのか一気に高まりそうな“改憲”機運

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

9条改正は考えないと表明も豹変
コロナとウクライナ危機が背中を押す

 日本国憲法が施行75年を迎えた。憲法改正を悲願とした安倍晋三元首相が政権を去り、菅義偉前首相を経て就任した岸田文雄首相。自民党のリベラル派集団の宏池会出身ながら、改憲に強い意欲を示す。性急な論議に慎重な野党第1党の立憲民主党が昨年の衆院選に大敗し、長期低迷状況が続く中で、自民は国民民主党を取り込み、野党分断作戦が着々と進む。改憲に積極的な日本維新の会が世論調査で立憲民主を上回る支持を獲得しており、改正発議への環境は整いつつあるようにも映る。

 折しも、新型コロナウイルス禍やロシアのウクライナ軍事侵攻という国家の危機管理が問われる場面に直面し、自民が主張する改憲項目の緊急事態条項新設や9条の見直しに、“追い風”も吹いているようだ。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3つを基本原則とする最高法規は、まさに岐路に立たされている。参院選という関門をクリアして、改憲に向けた動きが一気に加速するのか・・。

 「現行憲法は施行から75年が経過し、時代にそぐわない部分、不足している部分は改正すべきではないかと考える。(中略)改憲への挑戦は決して容易ではない。これまでも多くの先達が挑みながら、到達できなかった道だ。しかし、社会が大きく変化するいまだからこそ、我々は挑戦し続けなければならない」

この続きをみるには

この続き: 5,034文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

ウクライナ情勢から危機感が高まり、防衛費の拡大や憲法9条を始めとした改憲機運が高まっています。でも、国の形を含め慎重な議論が必要です。それ…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/