ワクチン遅延に変異株拡大がリスク要因 日本は景気回復に急ブレーキの懸念
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ワクチン遅延に変異株拡大がリスク要因 日本は景気回復に急ブレーキの懸念

回復色鮮明の欧米景気

 先進主要国の21年4-6月期の実質GDP成長率速報値は、欧米主要国の多くが回復の動きを強めているのが特徴的だ。新型コロナウイルスのワクチン投与が急ピッチに進んだ結果、感染者増がピークアウトし、都市ロックダウンなど行動規制が緩和され、経済活動が正常化に向けて動き出したことにある。

 米商務省が7月29日に発表した米国の21年4-6月期成長率は前期比1.6%増、年率では6.5%増だった。市場予想の8.5%増には届かなかったが、1-3月期の6.3%増から小幅だが加速した。GDPの規模はコロナ危機前の19年10-12月期の水準を回復している。バイデン政権が3月に国民1人当たり1400ドルの直接給付金を柱とする総額1.9兆ドルの追加経済対策を決定、これが消費者心理にプラスし、個人消費が年率で11.8%の大幅増となったことが牽引した。

 欧州では欧州委員会がユーロ圏19ヵ国の4-6月期実質成長率を発表したが、前期比2.0%増、年率換算では8.3%増だった。20年7-9月期以来、3四半期ぶりにプラス成長へ復帰した。欧州委員会が7月7日に公表した1.3%の成長予想を上回るもので、20年10-12月期、21年1-3月期の累積マイナス幅▲0.9%を補うのに十分なプラス成長となった。GDP水準はコロナ以前のピークである19年10-12月期水準にあと3 %、21年10-12月期にはピーク奪回と予想されている。

この続きをみるには

この続き: 2,000文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

ワクチン遅延に変異株拡大がリスク要因 日本は景気回復に急ブレーキの懸念

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/