プロジェクトから撤退できない日本人 「徹底抗戦」VS「合理的決断」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

プロジェクトから撤退できない日本人 「徹底抗戦」VS「合理的決断」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

商業版徹底抗戦「コンコルドの錯誤」
オリンピック中止できないのも同根

 超音速旅客機「コンコルド」は1963年から2003年まで40年間運用された。戦後まもなくイギリスとフランスによって共同開発され、マッハ2.0で高度2万mを飛行し、ロンドン─ニューヨーク間を通常のジェット旅客機の半分ほどの3時間半で飛行できる。

 しかし、チケット代200万円が妥当かと言えば、機内は狭く、音速に達する際の騒音や衝撃により乗り心地が悪い。乗客数は100名で燃費も悪く、商業的な採算が取れないことは当初から認識されていて、当然のように事業は赤字続きだった。

 にもかかわらず40年間も運用されたのは商業版徹底抗戦の典型例と言ってよい。合理的判断を排除した一番の理由は、アメリカ航空界に対抗しようとする英仏両国の面子と莫大な投資がかかっていたからである。かくして、初めから成功しないと分かっていても国の面子や建前などから巨大プロジェクトを中止できなくなることは「コンコルドの錯誤」と呼ばれている。

 一般に大きなプロジェクトほど利害関係者が多く、資金も投じられているので途中で止めるのは難しい。しかし大規模プロジェクトだからといって錯誤を犯さないわけではない。そのような場合に合理的判断を無視して徹底抗戦に突入しがちだ。特に日本でそうしたケースが多い。

 思い起こすのが新型コロナ禍の中、開催され終了した東京五輪である。いまさらオリンピック中止論を持ち出すのはまさに「後の祭り」だが、開催前は「中止、延期すべきだ」とする意見が圧倒的に多かった。開催後「やはり、やってよかった」と思った人もいるが、いまでも開催すべきでなかったという人は少なくないはずだ。

この続きをみるには

この続き: 4,416文字 / 画像2枚

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

ありがとうございます!!また見に来てください♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/