「保守の本命」を意識して長期政権を夢想死闘の抗争で落命した大平正芳の失敗
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

「保守の本命」を意識して長期政権を夢想死闘の抗争で落命した大平正芳の失敗

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

ロシア・ソ連の危機と宏池会首相の因縁
岸田文雄と大平の共通項は大派閥依存

 2月24日、ロシアがウクライナに軍事侵攻を開始した。昨年の10月4日に登場した岸田文雄首相は就任後、4カ月半後で思いがけず世界情勢の大異変に直面した。

 その約42年前の1979年12月、ソビエト連邦(現ロシア)がアフガニスタンのクーデターに乗じて軍事介入し、同じように世界の批判を浴びたことがあった。ソ連軍は完全撤退の89年2月まで約9年、現地に居座り続けた。

 自民党の派閥・宏池会の会長のまま政権に就いた岸田は、宮沢喜一元首相に続く5人目の宏池会首相である。偶然の一致だが、62年にソ連がキューバ危機を引き起こしたとき、日本の政権担当者は宏池会の創始者の池田勇人元首相だった。ソ連のアフガン侵攻は2人目の宏池会首相の大平正芳内閣の時代に発生した。さらに宮沢首相時代の91年、ソ連が崩壊し、ウクライナが独立を果たした。

 岸田はウクライナ危機発生の直後、対ロシア関係の白紙化と各国との協調制裁を決断した。「したたかで徹底的な現実主義を貫く外交を」と岸田流を強調する。首相就任前のインタビューでも、「宏池会の理念は軽武装・経済重視と言われるが、その時代に徹底した現実主義を貫いた結果と思っている。イデオロギーや主義主張にとらわれず、時代の変化に応じて徹底した現実主義で」と答えた。

この続きをみるには

この続き: 5,126文字

紙媒体をお求めの方↓↓ http://www.newleader-magazine.com/ 富士山マガジンサービスからお買い求めの方↓↓ https://www.fujisan.co.jp/product/1281679819/

いよいよ迫りつつある夏の参院選。しかし、野党の体たらくから自公政権は揺るぎそうもありません。そんな野党の今を追いました。エネルギー、食糧、…

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/