在タイ日本人ビジネスマンの募る不安 中国の攻勢に生き残り策探す日系企業

在タイ日本人ビジネスマンの募る不安 中国の攻勢に生き残り策探す日系企業

🔻バンコク日本人商工会議所の会員数も激減
  ガソリン車からEV、日系自動車大国の崩壊

 タイで次々と起きるパラダイムシフトに不安を隠せない在タイ日本人ビジネスマンが多い。モノづくりで、タイ企業との品質、納期競争に負けてタイを去る工場が増えていることも、少し前までは考えられなかったことだ。世界最大の日本人会議所であることを誇ったバンコク日本人商工会議所の会員数も2019年の1772社を最高として、2021年4月1日時点で1685社に激減している。

 一方で、存在感を高めているのが中国企業だ。年1000万人ペースでタイに来てマンションなどを買い漁っていた中国の観光客は、「コロナ」の影響で止まっているが、中国からの工場投資は続いている。日本企業が多数進出している工業団地で日本食レストランを経営している日本人オーナーは、「日本人は減る一方だが、中国人客が増えている。殆どの中国人客はグループで来て、注文品数や客単価も日本人客より断然高い」という。初めての中国語メニューも用意したいという。

この続きをみるには

この続き: 2,152文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

在タイ日本人ビジネスマンの募る不安 中国の攻勢に生き残り策探す日系企業

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/