白昼の死角①自民党総裁選で見過ごされた 河野太郎氏の提案

白昼の死角①自民党総裁選で見過ごされた 河野太郎氏の提案

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

不都合な真実を見ようとしない人々

 真っ昼間で視界がよく晴れているのに、なぜか実像が見えない─。見えないのは、死角のせいだ。死角が対象物の認識を妨げているのである。だが、死角には物理的な死角と心理的な死角がある。あるものが見えないように何者かが情報操作している場合と、見る側の自分の方が、見たくないから見ようとしない情報拒否の場合だ。

 地球温暖化は長い間、米国で人間活動が原因と公式にみなされず、つい1年前のトランプ政権まで温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から脱退して、CO2をまき散らす米中南部のシェールオイルガス開発に驀進した。トランプ前大統領は、地球温暖化情報を「フェイク」と一蹴し、気候異変を単なる自然現象と信じ込んでいた。

この続きをみるには

この続き: 2,282文字

自民党総裁選で岸田文雄氏が「新自由主義」からの脱却を訴えた時には、期待か持てるかと思ったのに、いざ首相になって、衆院選に突入すると、総裁選…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/