【財界】経済安保に財界が傾斜 同友会が提言、経団連も

【財界】経済安保に財界が傾斜 同友会が提言、経団連も

「地経学」とは何ぞや

 米中対立に象徴される緊迫化する国際情勢の波が財界にも押し寄せている。リベラルが真骨頂の経済同友会の最近公表した「強靭な経済安全保障の確立に向けて」はそれを痛感させる異色の提言といえるだろう。「時代は変わった!」「グローバル化と自由主義経済を謳歌する時代は終わりを迎えた」など刺激的な表現が髄所に散りばめられた。副題は「地経学の時代に日本が取るべき針路とは」だ。

この続きをみるには

この続き: 1,233文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

【財界】経済安保に財界が傾斜 同友会が提言、経団連も

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/