【財界】内規などなくなってしまったのか はなから有名無実だった財閥と経団連

【財界】内規などなくなってしまったのか はなから有名無実だった財閥と経団連

🔻「旧財閥系は除く」の不文律があったが・・

 住友化学の十倉雅裕会長をトップに据えた日本経団連が6月に発進した。経団連会長は「旧財閥系企業から避ける」「製造業出身が望ましい」とのコンセンサスが財界内ではこれまであった。だが、住友グループから2人目となると、もはや形骸化したと受け止められても仕方がないだろう。今後、三菱系などからも誕生する余地はあるのだろうか。

 「旧財閥系は除く」という不文律が何故あったのか。それは終戦直後の時代背景に思いを馳せると分かりやすい。連合軍総司令部(GHQ)は財閥解体を軸に戦後の経済民主化を推進した。日本を軍国主義、戦争への道に走らせた旧体制の一掃のためである。

この続きをみるには

この続き: 1,142文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

【財界】内規などなくなってしまったのか はなから有名無実だった財閥と経団連

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/