人口2500人の小さな離島 「長崎県小値賀町」の観光収入を 激増させた「よそ者力」

人口2500人の小さな離島 「長崎県小値賀町」の観光収入を 激増させた「よそ者力」

「ないないづくし」の小さな離島
大人の旅に的を絞り、リピーターを増やす

 離島で大きな産業もなく、全国的に有名な観光地もない。しかも住民はわずか2500人。「さぁ、ここで地域おこしを成功させて下さい」と言われても、尻込みしてしまうだろう。だが、そんな「ないないづくし」の離島で、「地域おこしのお手本」と呼ばれる町がある。東シナ海に浮かぶ五島列島にある長崎県小値賀(おぢか)町だ。

 「『おかえり』『ただいま』から始まる旅。小値賀島には何もありません。リゾート施設もコンビニもありません」。小値賀町ウェブサイトの観光ページは、この一文から始まる。小値賀町は五島列島北部の小値賀島とその周辺に散らばる大小17の島からなる。町内最大の島である小値賀島でさえ面積は12.22平方㎞と、五島列島最大の福江島(326.34平方㎞)の約27分の1にすぎない。

 周辺海域に豊かな漁場があり、東シナ海で操業する漁船団の前線基地として栄え、1950年には人口がピークの1万986人に達した。が、それ以降は右肩下がりで減少し、人口は4分の1以下に。町外との移動手段は佐世保港からのフェリーや高速船、博多港からのフェリーなど、海上航路のみ。佐世保港からは高速船で最短約1時間25分、博多港からはフェリーで約5時間20分かかる。

この続きをみるには

この続き: 3,546文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

人口2500人の小さな離島 「長崎県小値賀町」の観光収入を 激増させた「よそ者力」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/