ベイデイ、新生銀、2つのM&A案件が示唆する 国内金融業界の将来性と混迷

ベイデイ、新生銀、2つのM&A案件が示唆する 国内金融業界の将来性と混迷

米ペイパルがペイディを買収
国内キャッシュレス市場を巡る争奪戦

 9月上旬、国内の金融界で2つのM&A案件がニュースとなった。1つは、米決済サービス大手のペイパルが、日本で後払い決済サービスを手がけるペイディを3000億円で買収すると発表したこと。もう1つは、北尾吉孝社長が率いるSBIホールディングスが新生銀行に対してTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表したことだ。

 まずはペイパルによる買収。同社は1998年創業で、銀行口座などに紐付けて行う電子商取引(EC)決済で圧倒的地位を築いており、米国中心に世界200カ国以上で4億人以上のユーザーを持つ。共同創業者にはテスラのイーロン・マスクCEOも名を連ねる。ナスダック上場の株式の時価総額は過去5年で7倍、現在約3300億ドル(約36兆円)で米銀2位のバンク・オブ・アメリカと肩を並べる。2020年12月期の純利益は42億ドル(約4600億円)。まさに決済業界の巨人だ。

 そのペイパルが触手を伸ばしたペイディは08年に東京で設立された新興企業で、14年から後払い決済サービスを始めた。ユーザー数は急増し600万人を超えている。先行投資がかさんで20年12月期の純利益は54億円の赤字だが、日本では数少ないユニコーン(企業評価額10億ドル超の未上場企業)の1社。今年3月には米著名投資家ジョージ・ソロス氏一族が運営するファンドなどから総額130億円を調達して注目を集めていた。

この続きをみるには

この続き: 2,156文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

ベイデイ、新生銀、2つのM&A案件が示唆する 国内金融業界の将来性と混迷

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/