増える米国産牛肉に緊急輸入制限発動 だが、米国は諦めない。国内基盤をどう守る

増える米国産牛肉に緊急輸入制限発動 だが、米国は諦めない。国内基盤をどう守る

スーパーなどでは輸入牛肉の売り場が拡大
「未来に希望が持てない」国内生産者

 輸入が増加の一途をたどる米国産牛肉に対し、政府は3月18日、日米自由貿易協定に基づき米国産牛肉に緊急輸入制限措置(セーフガード=SG)を発動した。輸入量が同協定の基準を超えたことに対応して講じた措置で、4月16日まで同国産牛肉の輸入関税が25.8%から38.5%に引き上げられた。輸入牛肉へのSGの発動は、米国産やカナダ産牛肉などを対象に実施した2017年8月以来、約3年7カ月ぶりである。ただ、農水省は、3月の発動で引き上げの適用期間が約30日と短いため、小売価格に転嫁されても、影響は限定的と楽観視している。先読みをした外食企業や量販店などが手当てを進めてきたためだ。

 しかし、日本市場でのシェア拡大を目指す米国は、一層の輸入拡大を企図している。今後の交渉で、日本は新たな譲歩を迫られる公算が大きい。すでにスーパーなどの店頭では、消費者の「低価格志向」もあって、米国産はじめ輸入牛肉の売り場が拡大。「未来に希望が持てない」国内の肉牛生産者がさらに厳しい経営状況に追い込まれる。国内の生産基盤を守り、安定的持続的な生産を確保するために、政府に何ができるか、だ。

この続きをみるには

この続き: 2,212文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

増える米国産牛肉に緊急輸入制限発動 だが、米国は諦めない。国内基盤をどう守る

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/