「主権国民国家」とは何か 初心に戻らなければグローバル化の傷は癒えない

「主権国民国家」とは何か 初心に戻らなければグローバル化の傷は癒えない

「シビックとエスニック」エレメント

 イタリアのルネサンス期の政治思想家マキャヴェリは「世界とは循々と変転して已むことのない動態である。社会、とりわけ国家というものは、興隆しつつあるか、衰亡しつつあるかのいずれかであって、均衡点で静止し続けるということはない」と言った。国家の再生は、「主権国民国家」の力量が問われる。

 主権国民国家という概念は、17世紀のウエストファリア条約以降から出てきた。主権国民国家には2つの要素がある。「シビック・エレメント」(領土の保有、単一の法制度、構成員の法的・政治的平等から構成される)、と「エスニック・エレメント」(家系・血統、歴史、神話、土着の文化、言語、風土、道徳、習慣、共同体意識から構成される)である。この上に、国民が中心になって形成する富を創造する力としての「生産諸力」を持つ。その「生産諸力」は、「分業」と「結合」そして「作業継続」を可能にする制度によって担保される。

 20世紀を代表する思想家ハイエクは、「主権国民国家経済」が成立するのは、国民が目に見えない社会のルールに従って動くからであるとした。そのルールとは、「シビック・エレメント」と「エスニック・エレメント」である。エスニックに基づくいろいろな情報・知識を持った個々人が分業的に結合して「商品」が生産され、ルールを守った上で「自由」と「個人主義」が生まれるとした。

この続きをみるには

この続き: 3,676文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

「主権国民国家」とは何か 初心に戻らなければグローバル化の傷は癒えない

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/