他州との自由な往来再開はいつ? 連邦政府と各州・準州政府間の論争が過熱
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

他州との自由な往来再開はいつ? 連邦政府と各州・準州政府間の論争が過熱

「国境」ではなく「州境」の往来
入州規制の撤廃は国境オープンより後か

 新型コロナウイルス対策の一環として、オーストラリアの各州・準州政府は、それぞれ独自に他州全体や感染ホットスポットをリスクに応じてカテゴリー分類し、入州を厳しく制限する州境措置を取ってきた。その解除に関し、連邦政府と各州・準州政府間の論争が過熱している。

 連邦政府は、昨年3月以来18カ月に渡り、外国人の入国だけでなく、国民・永住者の出国も、特別許可を認めた人を除き原則不可、という世界で最も厳しいレベルの国境管理を継続しているが、今ホットな話題となっているのは、「国境」ではなく、「州境」である。入州規制の完全撤廃は、国境オープンより後かも、と揶揄されるほど、隔たりは大きい。

この続きをみるには

この続き: 2,532文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

他州との自由な往来再開はいつ? 連邦政府と各州・準州政府間の論争が過熱

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/