元特捜検事の複眼(`21/10)

元特捜検事の複眼(`21/10)

刷毛で描かれたかの様な薄雲に
錦織りなす落葉広葉樹
目で確かめる秋の砌(みぎり)
異端は桐の木 葉音で秋の到来を知らせるとして
「桐一葉」なる季語まで誕生

 桐は他の落葉樹より一足早く、色を染めずに落葉。

その葉は柏葉や朴葉より大きく、音を奏でて落葉しても不思議ではないが、植物学的には草の仲間(幹は空洞で樹芯がなく実態は茎)、その形状が「木」に「同じ」であるとして「桐」の字を当てられただけ。

この続きをみるには

この続き: 788文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

元特捜検事の複眼(`21/10)

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/