ハプニングを超えて 全豪オープン無事終了 ブレない「感染防止最優先」は国民共通
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ハプニングを超えて 全豪オープン無事終了 ブレない「感染防止最優先」は国民共通

厳格な感染防止策を練り上げ
最終的に1日最大3万人の入場が認められた

 世界トップレベルの選手が集結するテニスの4大大会(グランドスラム)の初戦「全豪オープン」は、ビクトリア州の州都メルボルンで、例年学校が夏休みの1月に開催されるが、新型コロナの影響を受けた今年は、3週間遅れの日程(2021年2月8~21日)となった。海外からの出場選手や関係者、報道陣ら約1200人は、出発前72時間以内のPCR検査で陰性を証明した上で、大会側が手配したチャーター便17便で来豪。14日間の隔離期間後に前哨戦を経て本番、というスケジュールが設定された。

 大会を主催するテニス・オーストラリアは、ビクトリア州政府と11カ月間に渡って協議を重ねて、厳格な感染防止策を練り上げ、最終的に1日最大3万人の入場が認められた。非接触かつ追跡が容易なQRコード付きの電子チケットを採用し、会場を3つのエリアに分けて行動範囲を限定。会場内はすべてキャッシュレスだ。コート内の人数を減らすため、線審は置かず、カメラで自動ライン判定を行う「エレクトリック・ラインコール」も全コートで導入された。「アウト」等のコールは、録音された「コミュニティのヒーロー」(=コロナ最前線で働く人や消防士、ライフセーバーら)の声、というのが、「ハッピースラム」の愛称を持つ全豪オープンらしい。

この続きをみるには

この続き: 2,079文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

ハプニングを超えて 全豪オープン無事終了 ブレない「感染防止最優先」は国民共通

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/