堅調な回復基調でも、財政健全化は後回し 優先するのは「失業率4%台持続」の目標
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

堅調な回復基調でも、財政健全化は後回し 優先するのは「失業率4%台持続」の目標

🔻オーストラリアは復活しつつある
  新年度の経済成長は、4.25%を想定

 「Australia is coming back」。5月の連邦予算案発表日に行われた恒例の「予算演説」で、ジョシュ・フライデンバーグ財務相は、冒頭と締め括りにそう述べた。雇用や経済についても、「カミングバック」という言葉を繰り返して使い、新型コロナ禍からの回復ぶりをアピールした。

 オーストラリアは、昨年前半に29年ぶりの景気後退に陥ったが、当初予期されたよりもずっと早く力強く回復基調を辿っており、税収増を見込める状況にある。今年度(2020/21年度)の財政赤字は1610億豪ドル(約13兆6850億円)と過去最高ながら、前回の予算案発表時の予想よりも527億豪ドル(約4兆4795億円)少ない。7月1日からスタートする新年度の経済成長は、4.25%を想定している。

この続きをみるには

この続き: 2,365文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

迫るコロナ感染第5波、理由なき東京五輪強行。今ほど日本の政治の実態を知る機会です。追跡レポートが斬ります。そして、脆弱な医療体制の根本原因…

または、記事単体で購入する

堅調な回復基調でも、財政健全化は後回し 優先するのは「失業率4%台持続」の目標

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/