月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
半導体技術と光学技術を融合し レンズを使わない顕微観察装置を創出 ─IDDK─

半導体技術と光学技術を融合し レンズを使わない顕微観察装置を創出 ─IDDK─

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

微細なものが顕微鏡同様に
イメージセンサーで見える

 顕微観察のための装置と言えば顕微鏡を誰もが思い浮かべるだろう。医療分野や生物分野での研究などが代表的な活躍の場だが、材料工学分野などをはじめ産業面でも様々に活用されている。

 これまでの顕微鏡は主として光学顕微鏡であり、レンズを用いて物を拡大して見る。しかし、レンズの表面はデリケートな研削や研磨が必要などの理由で量産が難しいため、非常に高価になってしまう。これに対し、レンズを使わないコンパクトな顕微観察装置のメーカーが、東芝からのスピンアウトベンチャー“IDDK”(東京都江東区、資本金5862万円、従業員7名)である。

 レンズを使わずに顕微観察できる技術的なしくみは後で説明するが、半導体と光学の技術を応用している。これにより、半導体チップデバイスに検体を載せるだけで、レンズを通さずに、高価な顕微鏡と同じように観察できる装置を開発したのだ。

この続きをみるには

この続き: 4,636文字 / 画像4枚

ロシアのウクライナ侵攻で世界経済は大混乱に陥りそうです。原油価格のさらなる上昇に加え、穀物の供給難など、物価上昇は避けられそうにありません…

ありがとうございます!!また見に来てください♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/