東洋医学のルーツはインドに?!

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

 私は、日本を今より少しだけ元気にすることを目指して、世界の伝統医療情報を発信している。世界3大医学の1つであるアーユルヴェーダは、インド南部とスリランカで生まれた、約5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学である。サンスクリット語の「Āyus」アーユス(生命・寿命)と「Veda」ヴェーダ(科学・知識)を合わせた言葉で、生命そのものを科学する医学、あるいは実践的な生活健康法として受け継がれてきた。中医学などと同様に、世界保健機構(WHO)が公式に承認している。アーユルヴェーダはより健康に、長寿や若さを保つことを目的とした予防医学・健康法として、日本でもヨガと共に多くの人に注目されている。

この続きをみるには

この続き: 1,104文字

なぜか支持率上昇の岸田政権。立憲民主党など野党の政策が似通っているからでしょう。でも、よくよく見れば、党高政低。ひ弱な姿が浮上します。世界…

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/