大型対策に経済学の巨頭たちが真二つ パウエル、イエレンの言い分。対中政策も
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

大型対策に経済学の巨頭たちが真二つ パウエル、イエレンの言い分。対中政策も

200兆円の大型対策に気迷う米金融市場
長期金利の急騰をもたらしたのは何か

 3月11日、新型コロナ克服とそれに付随する経済立て直しを狙うジョー・バイデン米大統領(民主党)の1.9兆ドル(約200兆円)に上る大型対策が成立した。大統領就任前から着々と構想を温め、就任宣誓式から間髪入れずに発表。国民に1人当たり最大1400ドル(15万円)の追加給付を柱とし、拡大失業手当手の継続や企業支援、社会インフラの再整備など米国の「build back better=よりよい再建」を目指す意欲的な対策だ。巨額な財政支出に眉を顰める野党・共和党の反対を押し切って議会通過させたことに英BBCはバイデンの「大勝利」と評するなど欧米メディアはほぼ好意的な評価を下している。ポスト・トランプの民主党政権の着実な歩みを印象付けた。

 ただ、この大型対策を手放しで喜んでいいのか、気迷いしているのが、米国の金融市場だ。ダウ工業株30種平均は成立が確実となった3月10日こそ3万2300ドル弱の史上最高値を更新したものの、対策の成立が視野に入ってきた2月24日に、その時点の史上最高値の3万2000ドルを突破したかと思えば、3日後の27日までには1000ドル超下げ、3月に入ってもこの1000ドルの幅で乱高下を続けこのレンジから抜け出せなかった。

 また、今年はドル安進行が必至とみられていた為替相場も2月下旬からドル高が加速、3月半ば時点で1ドル=109円を突破する展開となり、年初の102円半ばから6円強上昇した。さらに長期金利の指標である米国10年債利回りも急騰を続け、年初の0.9%から3月に入り1.6%に達しこの近辺で推移している。2018年初頭以来の上昇率という。この市場乱高下は、長期金利の急騰によって惹き起こされたのは間違いない。金利が上昇すれば国内の投資マネーは株式市場から債券市場へシフト、株価の騰勢は弱まる。

 また、外国為替市場では国際的投資マネーが低金利の円やユーロから、高金利通貨となったドルへ流れるのは必定でドル高となる。そして長期金利の急騰が続けば、コロナ禍で大打撃を受けた米国経済は、バイデン政権がいかに大規模な経済対策を打とうと、回復の足取りは鈍ることになる。

 この長期金利の急騰をもたらしたのは一体何か。実はこの大型コロナ経済対策に関するある人物の意外な分析だ。ワシントン・ポストに掲載された「主張―賞賛すべきバイデン刺激策、が、多大なリスクも(Opinion: The
Biden stimulus is admirably ambitious. But it brings some big risks, too)」(2月5日付)がそれ。筆者はビル・クリントン政権下で財務長官、退任後はハーバード大学学長も務めたローレンス・サマーズだ。民主党で長年経済政策に関する指南役を務めている。

この続きをみるには

この続き: 4,788文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

緊急事態宣言の解除と桜の時期が重なって街は大賑わい。コロナ第4波は確実、これで東京五輪などできるのでしょうか。資金をコロナ対策に回すべきで…

または、記事単体で購入する

大型対策に経済学の巨頭たちが真二つ パウエル、イエレンの言い分。対中政策も

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!!また見に来てください♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/