日本の少子化の一因は「戸籍」に 「家」制度vs個人の自立

日本の少子化の一因は「戸籍」に 「家」制度vs個人の自立

世界の潮流は夫婦別姓を認め
日本は「家」制度にまだ縛られている🏡

 選択的夫婦別姓への機運が高まる中で6月23日、夫婦別姓を認めない民法の規定を合憲とする最高裁判決が出た。批判が集まったのも当然で、ここ数年の世論調査では選択的夫婦別姓に賛成する意見が反対を大きく上回っている。判決が時代遅れなのは明白だ。

 選択的夫婦別姓に現実的メリットを期待する人は多い。働き手の男性が外に出て女性は家を守る時代ならともかく、いまや大半の夫婦は共働きになっている(図表1)。となれば、仕事の実績が旧姓によって積み上げられているため姓を変更したくない女性が多いのは当然である。

スクリーンショット 2021-09-27 141935

 少なくとも、結婚に伴って姓を変えねばならないのがデメリットになる人は存在する。その障壁がなければ、結婚するカップルが増えるだろう。

 さらに、世界に大きく遅れをとっているジェンダー平等の促進という意味も大きい。日本では、結婚したら女性側が姓を変えさせられていた。なぜ女性だけがデメリットを享受しなければならないのか。別姓を選択する権利をなぜ認めないのか。判決は合理的な説明になっていない。

この続きをみるには

この続き: 4,563文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

日本の少子化の一因は「戸籍」に 「家」制度vs個人の自立

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/