ナノテク空気清浄機を開発したのは 小さなクリーンシステム機器メーカー ─コーホー・テクノ─
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ナノテク空気清浄機を開発したのは 小さなクリーンシステム機器メーカー ─コーホー・テクノ─

売上げ急増中の空気清浄機
性能のカギはナノテク素材

 コロナ禍は経済活動に打撃を与える反面、対策関連商品の売上げを後押しする場合もある。伸びた商品の1つが空気清浄機である。花粉の粒、有害ガス、排出物質などを空気から除去して健康リスクを低減する空気清浄機は、近年の健康ブームから人気になっていた。さらに新型コロナ感染症のパンデミックでウイルス対策としての設置も増えている。

 ただ、空気から除去する対象がニオイ、アレルゲン物質、ウイルスでは、それぞれ除去方法も異なる。一般には空気清浄機であれば何でも除去できるわけではなく、その仕組みによって除去物質の得意分野がある。そのすべてに効果的という空気清浄機はまだあまり登場していなかった。

 その中で、ペット・タバコ・家庭のニオイから花粉・カビ菌などアレルゲン物質、さらには細菌・ウイルスまで逃さず除去するとして注目される空気清浄機がある。ナノテク素材の光触媒である酸化チタンをコートしたセラミックフィルターで異物を除去する「光触媒空気清浄機」である。

 その技術のカギとなっている光触媒とは、光を吸収してそのエネルギーを反応物質に与えて化学反応を起こさせるが、その物質自体は変化せずに触媒作用を行う物質のことをいう。反応物質とは、たとえば有機化学物質とかニオイ、細菌、カビ、油汚れなどである。これらは通常では分解されにくいが、光触媒は光を照射することで分解処理が可能だ。

 有機物であれば有害物質でも常温・常圧下で完全分解され、わずかな光でも作用するうえ、光だけあれば作用する。このため光触媒は、空気浄化であるとか抗菌・抗カビ、水処理、外壁・室内でシックハウスの原因となるホルムアルデヒド対策など幅広い分野で急速に活用が進むようになった。

この続きをみるには

この続き: 4,310文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

ナノテク空気清浄機を開発したのは 小さなクリーンシステム機器メーカー ─コーホー・テクノ─

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/