月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
インターネットは経済成長に寄与したか 「成長の終焉」か「本番はこれからか」 そして我々を待つ未来の社会はいかに

インターネットは経済成長に寄与したか 「成長の終焉」か「本番はこれからか」 そして我々を待つ未来の社会はいかに

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

全要素生産性TFPで比べてみると
第2次産業革命ほどのパワーには欠ける

 インターネット革命は、我々に富をもたらしただろうか、それとも一部の巨大IT企業を大儲けさせただけではないのか。連載2回目は、インターネットなどのIT革命と経済の関係を鳥瞰してみたい。

 1998年に創業したグーグルは、20年ちょっとで売上高2576億ドル(29兆6240億円、2021年)の巨大IT企業・アルファベットに成長。売上高の81%は広告の稼ぎだ。この間、世界全体の新聞、雑誌の広告費は激減し、テレビ、ラジオの広告費も近年、前年割れの年が目立つ。一方、毎年増え続けてきたインターネット広告費は、12年に新聞広告費を、17年にテレビ広告費を抜いた。グーグルが広告で稼いだ富は、新聞やテレビなど他の媒体から単に移転したにすぎず、広告業界のパイを新たに膨らませたわけではないように見える。

この続きをみるには

この続き: 3,861文字

ロシアのウクライナ侵攻で世界経済は大混乱に陥りそうです。原油価格のさらなる上昇に加え、穀物の供給難など、物価上昇は避けられそうにありません…

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/