大構想もケチばかりがつく CEOの性格なのか、懐疑渦巻く楽天

大構想もケチばかりがつく CEOの性格なのか、懐疑渦巻く楽天

🔻日本郵政との提携は吉凶どちらに転ぶか
  日米両政府は楽天を監視対象企業に指定

 連結従業員数が約2万4000名、連結売上高も1兆4500億円を超える日本を代表するテック企業の楽天が、賭けに出た。創業者・三木谷浩史CEOは、自らが1997年に立ち上げたEコマース「楽天市場」の名前を冠した社名を4月1日付で「楽天グループ」へと改称。金融、通信、プロスポーツなど“楽天経済圏”が拡大している実態を踏まえ、「グループの競争力と機動力向上」を目的に、22年ぶりとなる商号変更に踏み切ったのだそうだ。

 さらに、これに先立つ3月12日には、日本郵政との資本・業務提携の合意を発表。楽天が行う総額2423億円に上る第三者割当増資に日本郵政が1499億円を出資する形で応じ、8.32%を保有する筆頭株主になるというフレームだ。楽天は、日本郵政グループが全国で展開している郵便局や物流ネットワークと、会員数が1億人以上の楽天経済圏を組み合わせることで、新たなビジネス創造を図るとブチ上げた。三木谷CEOと日本郵政の増田寛也社長が満面の笑みで発表した内容は、経済界にも相応の驚きを以って受け止められた。

 因みに、この提携を受けてのマスコミの反応は、大量に投下されている「楽天モバイル」の広告に毒されているレガシーメディアは、概ね好感一色。全国津々浦々の郵便局の店頭に、「楽天モバイル」を勧める米倉涼子のピンク色の幟が立つことになるのかなどと、想像を先走りさせる見方も出た。一方、広告の恩恵とは無縁の独立系のネットニュースは、経営の軽さとスピードが命のテック企業の筆頭株主に、それとは対極的な官僚的風土を持
つ巨大組織が就くという前例はないと指摘し、遠からず、両社のアライアンスは同床異夢の状態に陥るとの論陣を張った。

 加えて、楽天への新たな出資メンバーの中に、日本郵政と並んで、中国ネット大手のテンセントが名を連ねていた点も問題視された。米中の対立が深刻化する中で、経済安全保障上から看破できないとの声が政府・与党からも上がり、そして実際に、日米両政府は楽天を「監視対象企業」に指定してしまった。

この続きをみるには

この続き: 4,884文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

本誌はコロナ発生直後から、東京五輪開催に反対を訴えてきました。この期に及んで自国で何も決められない。日本は本当に先進国なのでしょうか。東日…

または、記事単体で購入する

大構想もケチばかりがつく CEOの性格なのか、懐疑渦巻く楽天

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/