物価上昇を飲み込む日本の流通業の宿命「価格破壊」 消費拡大、GDPを拡大させるには、小手先では効かない

物価上昇を飲み込む日本の流通業の宿命「価格破壊」 消費拡大、GDPを拡大させるには、小手先では効かない

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

誰も否定しない「消費者の味方」
オーバーストア状態でも価格競争しかない

 日本の消費は「GDP(国内総生産)」の5割以上を占める。しかし、その消費が盛り上がらない。将来不安からの買い控えもあるだろう。コロナの影響もあるだろう。だが、同時に私たちが普段買っている日用品やサービスの値段=物価が全体的に下がる現象、つまりデフレが20年以上も前から続いていることも原因だ。米労働省が発表した2021年11月の消費者物価指数は、前年同月比で6.2%上昇と、約30年ぶりの高い伸び率となった。食品や燃料価格の上昇が物価を押し上げた。日本でも円安も重なり、ガソリン価格の上昇や、食品メーカーの値上げも相次ぐ。だが、それが消費全体の向上につながらない。

この続きをみるには

この続き: 2,302文字

なぜか支持率上昇の岸田政権。立憲民主党など野党の政策が似通っているからでしょう。でも、よくよく見れば、党高政低。ひ弱な姿が浮上します。世界…

♡THANK YOU♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/