伝統医療だった頃の西洋医学

伝統医療だった頃の西洋医学

 私は、日本を今より少しだけ元気にすることを目指して、世界の伝統医療情報を発信している。ルネッサンス期以降、科学を軸に発展してきた西洋医学(現代医学)のルーツ、西洋の伝統医療は古代ギリシャに始まった。それは、四体液説・プネウマ論などを基礎とし、アーユルヴェーダ(インド伝統医学)や東洋医学と同じく、全体観の医学であった。

この続きをみるには

この続き: 1,297文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

伝統医療だった頃の西洋医学

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

♡THANK YOU♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/