甕の不思議に導かれ 和食からナノテクへ

甕の不思議に導かれ 和食からナノテクへ

 結晶薄膜の成膜技術などの特許を武器とするベンチャー企業を営んでいます。ですが、実はもともと飲食業の経営者でした。和食で保管などに使う甕(かめ)がナノテクの世界に導いてくれたのです。

 実家は老舗割烹でした。厨房では「出汁は鰹と昆布の合わせ出汁がよい」とされたり、タレや焼酎などは甕で保管したり、料理人は昔から一番いいとされる方法を当たり前のように行っています。しかし、なぜそうなるのか。理系の大学を出た私は、それらの和食の技法を科学的に解明したくなりました。

この続きをみるには

この続き: 661文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

衆参補選、再選挙3つの選挙で全敗した自民党。チームなき菅政権はどこまで持ちこたえられるのか。かといって、強力な野党もなく、日本の政治は一体…

または、記事単体で購入する

甕の不思議に導かれ 和食からナノテクへ

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/