幻想だったのか、稲光の中に何か見出したのか 米露首脳会談、焦点の対中国はいかに

幻想だったのか、稲光の中に何か見出したのか 米露首脳会談、焦点の対中国はいかに

お互い満足げだった首脳会談
歴代大統領とは違うバイデンの世界観

 先月号では、6月16日のスイス・ジュネーブでの米露首脳会談開催に向けての複雑な動きを紹介した。しかし、首脳会談そのものについては、原稿の締め切りに間に合わず、何も書けなかった。ということで、今回は米露会談で何が起きたのか考えてみたい。

 プーチン氏とバイデン氏は、直接対話を含め、約3時間にわたり、意見交換を行った。会見後の2人の表情は柔らかく、お互いに満足げの表情だったとされる。 

 会談後の記者会見で、プーチン大統領は、「米大統領の信頼を獲得し、新しい(米露の)相互理解に達したのか?」と問われると「(文豪の)トルストイは人生に幸福はなく、あるのは稲光だけだ。(その稲妻の光を)大事にせよと語った」と説明し、「(今回)、私はその稲妻の光が閃いたのを見たと思う」と付け加えた。

この続きをみるには

この続き: 2,036文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

コロナが燻りだした日本の政治の実態は、飲食店等に対する苛烈な弱い者いじめ、政治も行政も総モラルハザードに陥っていることです。「追跡レポート…

または、記事単体で購入する

幻想だったのか、稲光の中に何か見出したのか 米露首脳会談、焦点の対中国はいかに

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

スキありがとうございます♡よかったらシェアもお願いします😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/