成長なき物価上昇の懸念 消費者心理回復の障害に

成長なき物価上昇の懸念 消費者心理回復の障害に

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

下方修正されたGDP

 2021年7-9月期のGDPの2次速報値が12月8日に発表された。前期比で実質▲0.9%、年率にして▲3.6%だった。11月に発表した1次速報値の▲0.8%、年率▲3.0%から下方修正となった。内需の柱である個人消費が速報値の前期比▲1.1%から▲1.3%に下振れしたことが大きく影響した。消費以外の民間需要は住宅が▲2.6%から▲1.6%に、企業設備投資が▲3.8%から▲2.3%にマイナス幅が縮小しており、消費者心理が速報段階で想定した以上に冷え込んでいたとが明らかになった。

この続きをみるには

この続き: 2,427文字

なぜか支持率上昇の岸田政権。立憲民主党など野党の政策が似通っているからでしょう。でも、よくよく見れば、党高政低。ひ弱な姿が浮上します。世界…

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
月刊誌「ニューリーダー」 公式Note
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/