【企業】パラリンピック選手村でトヨタ車人身事故 問われる「自動運転車の未来」

【企業】パラリンピック選手村でトヨタ車人身事故 問われる「自動運転車の未来」

二分する自動運転車の評価

 「自動運転車は本当に実用化できるのか?」自動運転車関連企業が不安に陥る事故が発生した。8月26日に東京パラリンピック選手村で運行していたトヨタ自動車の自動運転車「e-Palette(イーパレット)」が、道路を横断
していた視覚障害の柔道日本代表選手に接触。選手は転倒して道路に頭をぶつけ、全治2週間の怪我をして試合を欠場することになった。

 パラリンピックに向けて厳しい鍛錬を続けてきた選手の夢を消してしまった事故だけに、メディアで大きく報じられた。その内容は自動運転車の評価を二分している。

この続きをみるには

この続き: 1,186文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

【企業】パラリンピック選手村でトヨタ車人身事故 問われる「自動運転車の未来」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/