経済回復を背景に世界は金融緩和出口戦略へ 失敗したコロナ対策が響き取り残された日本🗾
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

経済回復を背景に世界は金融緩和出口戦略へ 失敗したコロナ対策が響き取り残された日本🗾

新興諸国は利上げ、先進国はテーパリング

 主要国の中央銀行は、新型コロナウイルスによる急速な景気悪化に対応して緊急金融緩和政策を実行してきたが、この出口戦略に進む動きをみせている。変異種の感染増で景気回復の足取りは鈍化しているものの、回復の足取りには変化がなく、物価を押し上げているためだ。量的緩和の手直しに先立って、新興国では利上げに動く国が相次いでいる。

 8月は主要国の金融政策決定会合が開催されなかったが、新興国のチェコ、ブラジル、メキシコ、ハンガリー、韓国などでは、政策金利の引き上げを決定した。韓国は資源価格の高騰で貿易収支が急速に改善し今年初めての利上げ、ブラジルは物価も高騰しており今年4回目の利上げ、ハンガリーは3カ月連続しての利上げ、チェコ、メキシコは6月に続いて2回目の利上げだ。利上げと同時に債券購入額の減額も決定している。

この続きをみるには

この続き: 2,273文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

菅政権が終焉し、一体どのような新政権が生まれるのか、国民の希望が反映されるのか、自民党の変身度が試されます。一方でコロナ禍と脱炭素化、SD…

または、記事単体で購入する

経済回復を背景に世界は金融緩和出口戦略へ 失敗したコロナ対策が響き取り残された日本🗾

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

わたしもスキです♡よかったらシェアもしていってください😊
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/