大災害の後は社会が変わる 「コロナ以前」vs「コロナ以後」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

大災害の後は社会が変わる 「コロナ以前」vs「コロナ以後」

ペストはルネサンスを起こし
コレラはアフターヌーンティを生んだ

 大災害は隠蔽されていた社会の矛盾を明らかにし、しばしば時代の転機となる。新型コロナのパンデミックも、五輪メダル数に浮かれている間に爆発的感染拡大を引き起こしてしまったが、いずれは収束し、その後は毎年ワクチン接種をするインフルエンザ並みになるのではないか。だが、コロナをめぐる騒動が炙り出す時代の問題点を見逃してはいけないだろう。

 14世紀ヨーロッパでのペストの大流行はルネサンスの引き金になった。猛威を振るう黒死病に無力な教会は力を失い、行き詰まっていた封建社会が終焉に向かう。「死」と向き合った欧州の人々は次第にサイエンスや文化に目覚め、1世紀後、ルネサンスが花開く。

 イギリスのアフターヌーンティも19世紀のコレラの大流行が生んだ。生水がコレラ菌を媒介するため避けられ、熱湯で入れる紅茶が飲まれるようになる。それが定着して優雅なアフターヌーンティの習慣となった。

 約100年前のスペインかぜは第1次大戦終結のきっかけになっている。大戦でヨーロッパに派遣されたアメリカ兵がウイルスを伝播したスペインかぜは3000万人以上の死者を出した。大戦による死者は1000万人である。士気を低下させたスペインかぜは大戦終結に大きな影響があった。

 日本でも奈良時代に天然痘が大流行。仏教に救いを求めた聖武天皇が東大寺の大仏を建立した。天然痘は墾田永年私財法の引き金にもなった。墾田永年私財法は、開墾した土地の私有を認める法律である。これによって貴族や豪族が荘園を所有する荘園制が誕生した。

 明治のペスト流行はネコの台頭をもたらしている。いまやペットの横綱格のネコだが、明治以前は野良ネコが主で愛玩動物の地位にはなかった。ところが明治30年代に死者数千名というペストが日本で流行する。その際、北里柴三郎はペスト菌を媒介するネズミ退治のために家でネコを飼うことを推奨した。それが家ネコを世に広めるきっかけである。

この続きをみるには

この続き: 4,427文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

国民の命を犠牲にしてまで五輪強行開催。もはや政権末期の風景漂う菅政権。地方の「すぐやる課」の課長なら、及第点はもらえても、国政を任せる人物…

または、記事単体で購入する

大災害の後は社会が変わる 「コロナ以前」vs「コロナ以後」

月刊誌「ニューリーダー」 公式Note

200円

ありがとうございます!嬉しいです!シェアしてくれたらもっと嬉しいです♡
それぞれの分野で有力な執筆陣の支援を仰ぎ、事の本質はどこにあるのかを常に追求してまいりました。 明るい未来の経済を築こうとする次世代を担う人のための経済誌を目指しています。 はあと出版株式会社 公式HP:http://www.newleader-magazine.com/